スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トミーのこと(おまけにアンも)

あき動物病院の院長さんが、アメショーのトミーがよく吐くのは、
消化器とか毛玉を出すとか他にもいくつか原因がある場合があるので、
血液検査を受けた方がいいって。

かつて受けた時はなんともなかったと話すと、「急に痩せたりはした?」と
聞かれるので、正直、うーーーん…って感じだった。(^^;

だって、主人が他界後、私と一緒に痩せていったが、
吐くのはそのずっと前からだったから。
それに、アンのお陰で、私は太り、トミーもかと思ったら、
太ったというより、マッチョになってる。(笑)

アメショーは、まっちょタイプだからね。(^^)

院長さんには適当に答えたら、もう老齢なので仕方がないんだって。

でも、近い内に、血液検査を受けに行くことにしている。

何故か昨日から、やけにトミーは私の顔をマジマジと見つめている。
アイコンタクトのできる猫なので、「3年のご恩を3日」で忘れるような
一般の猫たちと、かけ離れている気がする。

トミーが亡くなったら・・と考えた事はあるが、
昨日は、トミーとの思い出を浮かべてしまい、もしいなくなったら、アンがいても、
トミーはトミーで、やっぱり寂しくなるなぁ。
そういえば・・トミーは、アンよりも色んな事を知りすぎているわな~。

トミーの生い立ちはペットショップから貰われたのが始まり、初めて、赤ん坊を
目の前にして以来、波乱万丈だった。だからか、無邪気なアンを、自分の小さい時を
思い浮かべたのか、アンが暴れても、でーーーーーんと、構えている、心の広い猫である。

過去を思い出しながら、「医師は、脳幹出血は突然なので、苦しまずに倒れたと
いうけれど、本当の所はどうなんだろう・・?
気にしてもしょうがないことだけど、トミーは見ていたよね?きっと。
ごめんね。主人が倒れた時の第一発見者はトミーだったのね。
買い物に行ってて、トミーは聴猫(コーダ)だけど、私にも連絡が出来なかったもんね。
そりゃ、不安だったのだろうね?きっとそうだろうね。
後数年は、明るく生きるから、もう少し長く生きててちょうだいね」

と意思疎通で、トミーとマジマジと見つめ合ってた所、いきなり、アンが、
パーーーーンと、トミーの前を通り過ぎていった。

「ビックリするわね~」と、トミーに手話で話しかけると、目は相変わらず、
じっとこちらを見つめ、ニヤッと微笑み返ったような気がする。

今朝もじっとこちらを見つめていた。それは、ま、朝ごはんのおかずが欲しかった
だけですが、「くれー!」と前片足で、私の腕をトントンと。

アンはもっとスゴイ。
トミーが食べている小皿を前片足で、ぐいーっと自分の所へ引っ張るのだ。

トミーの半端じゃね~!は、トントンと叩く力と頭突きだが、
アンは引っ張るパワーが半端じゃね~~。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤

Author:佐藤

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
まったりのったり・・・
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリースペース
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まったりのったり・・・  カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。