スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし亡き夫が私の立場だったら…?

友人の質問で面白かったのは…
「亡き夫が、私の立場だったら、どうするか?」という話かな。

「私だったら、新しい恋人でも出来て幸せに暮らしてほしいと思うな。」
と私が言うと、友人はビックリしていた。

「そ〜んなぁ〜。嘘でしょう?無理だよ。」

「• • •」
←ビックリしたのはこちらだった。

「え〜?これ普通に思うよ」というと、

「え〜っ?違うでしょう。嘘でしょう〜?
 私だったら嫉妬するよ、やっぱり他の人と結婚しちゃー!」


そうかぁ…それも分からなくもない。

でも、2年以上も泣き続けていた時の気持ちは同じように味わってほしくない。
という気持ちの方が強いかな。

「泣いてたらご主人が悲しむよ」という気持ちは、
心が落ち着いてきた今は心に染みるように理解出来ている。

しかし、ちょっと言ってみた。

それは人によるかもしれないと。
亡き夫が生前のとき、他の女性と会うのは、私に言ってくれればなんともなかった。
しかし、私が他の男性と会う時は、金魚のフンのようについてくることが多かった。
生前の夫はこんな人だったから、今、躊躇ってしまう時はあるな。(^^;)
死んでしまった以上、答えは返ってこないが、今は私思う。

泣かなくなった今の私の姿は亡き夫も喜んでいるのでは。
どうしようもなく泣き続けていた私の姿は亡き夫も参っていたのでは…
それで理解に変わっている筈と。。。。( *´艸`)

人生の目的が、違う所にあると思って生きていたら、意外と
「夫の妻」だったり「子どもの親」だったりするんですね。
人間って完璧でなくてもよいのに、完璧を目標にするから、
足りない部分に悩んだりするものかもしれない。

人生の区切りはいくつかあるけれど、
もし生前だったら今年で結婚10周年の区切りに私の気持ちのけじめとして…

「亡き夫の妻」は無理して消す努力をする必要はない。

亡き夫は生前私の理解者だったから、これから私が歩く道は理解してくれてる筈。

運に任せて行く道は、私の相応しい道へと彼が導く道
それは彼の希望でもある道 と思うようにしている。

これから私に目的を見つけて、その目的にたどり着くかどうかはともかく、
今を楽しく生きて行けばいい。そうだろう。

と自分で言い聞かせる事にしたんですね。(´▽`*)


<終わり>


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤

Author:佐藤

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
まったりのったり・・・
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリースペース
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まったりのったり・・・  カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。